2013/09/25

滋賀へ

先々週は滋賀へ!

Pic20130924231607

実家から両親、祖母、親戚が滋賀に旅行に来るということで
便乗させてもらいました!

おとな11人、こども4人のちょっとした団体です。

牧場で馬に乗ったり、芝滑りしたり、旅館でおおさわぎしたり、
大きなお風呂に入ったり、美味しいもの食べたり。
琵琶湖クルーズしたり。

台風18号が直撃し、交通渋滞、通行止め、仕方なくの予定変更、、
大変だったけど、とっても楽しい3日間を過ごしました。

やっぱり旅はたのしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/28

長島旅行

夫の両親と我が家で三重県・長島リゾートへいきました。
早朝出発でオープン前にアンパンマンミュージアムへ到着。

Dscn4521

アンパンマン大好きなくせにかなりびびってた娘。
こういうの、苦手だよね。息子も1歳のころはダメだったなぁ。

Dscn4564


金曜日の午前中だったから混んでいなくてのんびり。
パンにチョコペンで顔を描くワークショップに息子と参戦。

Dscn4587

わたしたちの描いたアンパンマン、ドキンちゃん、食パンマン。
なかなか上手にできたー。
このパンたちは、普通に買ったら1つ300円!めっちゃ高い。。
けど、ワークショップ代金1000円なので、普通に3つ買うのに
100円しか追加にならないの。だったら自分で描いた方が価値あるだろうと。ただ、激混みの週末は参加するには整理券の争奪戦に勝たないといけないのでかなり困難かな。

Dscn4544


Dscn4549


この日はすっごい寒い日で。
アンパンマンミュージアムは屋外と屋内が半々なので、
めっちゃ辛かった。子どもは関係なく楽しそうだったけど。

途中、子どもたちはじぃじ、ばぁばに預けて、夫と私は隣のアウトレットモール、ジャズドリーム長島で買い物。平日のアウトレットなんて贅沢!とばかりに鼻息荒くお買い物。

あまりの寒さにお昼過ぎにはホテルにチェックインし、
子どもたちはお昼寝。

夕飯はバイキング。写真とり忘れるほど夢中に食べた。
蟹、アワビ、ステーキを筆頭にかなりの種類が食べ放題の、
かなり良かった宿泊先は『ホテルオリーブ』

食休みを終えて向かったのは『なばなの里ウィンターイルミネーション』

2、3年前からお義母さんが行きたがっていたイルミネーション。
念願叶ってすごい嬉しそうでした。

Dscn4609

広い園内のいたるところにイルミネーションがしてあって、
すごい歩くんだけど、見どころ満載だから息子も娘もよく歩いたな。

Dscn4605

いちばんのお気に入りは光のトンネル。
神戸ルミナリエの小さい版みたいだけど、単色のトンネルですごいきれい。

Dscn4631

毎年テーマが変わる、大展示。今年のテーマは『大自然』。

広いお花畑(なのかな?暗くてわからなかったけど)をスクリーンに、富士山に太陽がのぼるところや、突然のスコール、海をおよぐクジラ…などが次々映し出される大仕掛けなもの。

ここも平日の恩恵ですいていて、ゆっくり見れましたが週末は満員電車のように人がいっぱいらしい。

Dscn4641

翌日はナガシマスパーランド、湯あみの島、アウトレット…と
ナガシマリゾートを満喫しました。

何度行っても子連れにはぴったりのところです。

次はぜひとも夏に行きたい。

そうそう、今回、けっこう歩いたんだけど、
1度もベビーカーも抱っこ紐も使わなかった。
そんなことにも、子どもの成長を感じたなー。

あと、平日の観光地の快適さといったら!
これを知ってしまったら休日に出掛けるのがアホらしくなるなぁ。。
有休とってくれた夫に感謝です。

Dscn4660_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/18

姪っ子ちゃん

今回の帰省は4日間。
2泊は山梨の実家、そして1泊は湯河原温泉へ。

両親と祖母、私たち家族、妹家族の
大人7名、子ども3名での旅行。

はじめて姪っ子とご対面!

Dscn4442

4か月の赤ちゃんに大興奮の2人。

Dscn4470

もう、抱っこしたくて、ぎゅーってくっつきたくて、
ベタベタしっぱなしだった息子。

妹のことはお友達、っていう感覚だけど、
まだ4か月の姪っ子(息子にとってはイトコ)は
かわいいかわいい“赤ちゃん”て感じなんだろうな。

Dscn4464

こうやって見ると、息子がすごく大きく見える。。


Dscn4497

Dscn4499

兄に負けじとベタベタする娘。

娘は最初はすごく警戒してて、固まっちゃって笑いもしなかった。
嫉妬心メラメラ。それは予想通りだったけど、意外にすぐに慣れて可愛がってました。

Dscn4432

ぬいぐるみを貸してあげたり、頭をなでたり。
あと1年もすれば一緒に遊べるようになるね。
女の子同士だから少しは平和かな?

Dscn4504

帰りに寄った小田原 鈴廣本店でトミカの蒲鉾をお土産に。

すごいおいしい蒲鉾ばかりだったー。
また行きたいお店。

久しぶりの温泉とおいしい海鮮いっぱいの食事。

にぎやかでたのしい旅でした。

はじめて会った姪っ子はとても可愛くて、
ばあちゃん気分だったわたし。

可愛がるだけで、育てる責任がないからかな?
自分の子どもとは違う感覚の可愛さ。

旅行から帰った3日後にはじめて寝返りが成功したらしく、
あとちょっと早かったらなー。
はじめて記念日に立ち会えたのに。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/06

GW前半・伊勢志摩旅行

いつぶりだろう。総勢13名の親族旅行をした。
両親、祖母、親戚、従姉妹、従姉妹の子ども、私たち家族。
合わせて13名。

場所は伊勢志摩。
志摩マリンランドとお伊勢さんがメインの行き先。

私たち家族は急遽参加することが決まったので、
うちの両親と祖母以外には
『志摩マリンランドで偶然会ったことにしよう』ということで、
親戚達には内緒。

Dsc_0044

目の前には魚、足元にはカメ。
バーにしがみついて食い入るように見ていた息子。
最近わかったことだけど、どうやら魚が大好きみたい。

Dsc_0061

偶然(を、よそおっただけ。)に出会ってみんなが驚いてるとこ。
息子は何やら急にたくさんの人が声をかけて可愛がってくれるもんだから、上機嫌でニコニコでした。

Dsc_0100

息子と従姉妹の子ども。半年違いの同級生。
息子は『あっ!』て指さすだけだけど、
従姉妹の子どもは『ペンペン!』って言ってた。
半年の違いは大きいね~。

Dsc_0190

息子2回目のお伊勢参り。じいじの肩車で。

Dsc_0200

それにしても。
やっぱり息子は人見知りいっさいナシ!
はじめて会う親戚に抱っこされても、久しぶりのじいじでも、笑顔ばかり。そんなわけで、みんなが抱っこしてくれる。
おかげでほとんど抱っこしないで観光できてラクでした。

Dsc_0256

大好きな伊勢うどん。息子は初の伊勢うどんをバクバク。
このごん太麺と濃い醤油がたまりません。

Dsc_0289

赤福で食べた、赤福入りのかき氷は本当に絶品。
季節限定だしトクした気分。

Dsc_0284

かき氷を食べてる間、買ったばかりの和紙のこいのぼりで夢中に遊ぶ。まだかき氷の味は教えられないのでね。

お伊勢さんの人の多さには参ったけど、高速はそこそこの渋滞ですんだし、久しぶりの大所帯の旅行は楽しいものになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/29

グアム旅行

昨日、グアムから帰ってきました。
3泊4日の子連れ初海外旅行。楽しかったなー。
のんびりと南国の太陽に癒されて満喫して帰ってこれました。
やっぱりカンカンの太陽は気持ちがいい!
すぐにでも戻りたいよ。
早く日本にも夏が来ないかな~。

息子にとってはじめての海外。
はじめての海水浴。
海の中で遊ぶよりも、砂浜での砂遊びがお気に入り。
そういえば砂遊びもはじめてでした。
息子は『海』という単語も覚えて、
『海は?』って聞くとホテルの中からもバスの中からも
海を見つけて指さしできるようになってました。
小さなお魚もいたり。遠浅の海なのでチビっ子も安心。
歩けない息子もお座りで楽しめます。
ただ、ガラスの破片などがたまに落ちてるので要注意だし、
浜辺では裸足にさせるのはやめました。

Dsc_0472Dsc_0509Dsc_0496Dsc_0440Dsc_0482Dsc_0486Dsc_0458

海だけじゃなく、プールも楽しめるのがいいよね。
宿泊したグアムリーフホテルは
プールと海がつながっているように見えるプール。
子どもが小さいうちは充分楽しめるプールでした。もう少し大きくなったらスライダーや流れるプールがいいのだろうけど。息子はバタ足したり、手で水面を叩いたり。
私はいつもベビースイミングで息子のプールの様子を知ってるけど、夫ははじめて。全然水を怖がらずに楽しむ息子に嬉しそうでした。

Dsc_0274Dsc_0540Dsc_0561Dsc_0563Dsc_0574Dsc_0571

息子が小さいのでオプショナルツアーは何も申し込まず、
気ままにのんびり過ごしました。
それでも、トロリーで気軽に移動できるので、
地元のスーパーめぐりやアウトレットなど
ショッピングもしっかり楽しみました。
私と夫はビールを片手に散策。
車を運転することもないしねー。
朝からビール。南国のいいところですね。
植物好きな息子は南国のカラフルなお花やヤシの木にはしゃぎっぱなしでした。

Dsc_0104Dsc_0195Dsc_0577Dsc_0582Dsc_0600Dsc_0618Dsc_0192Dsc_0200Dsc_0593Dsc_0210

食事。息子のごはんは日本からたくさんベビーフードを持っていきました。でも、案外使わなかったんだよね。。
というのも、息子は朝はパンの方が好みなので、
プレーンなパンをスーパーで買って、
パンとバナナとヨーグルトで朝食はOKだし、
昼は私たちがジャンクフードや味の濃いものを食べる時は息子はベビーフード。
ビュッフェレストランでは、温野菜やスープ、白ご飯、フルーツ、お魚など食べれるものが多かった。
ステーキを食べに行ったときも、息子はパンと、サラダ、丸ごとポテトとかを大人の分からとりわけ。
良くも悪くもおおざっぱな料理が多いので、ヘンにいろいろ調味料が使われていたりせず、塩コショウを自分でかけるタイプのものなら素材の味だけで提供されるので、子どもにも薄味があげられます。
コンビニでおにぎりを買って、持参したベビーフードやごまをかけたりとかもよくしました。
ステーキ、美味しかったなー。抱っこ紐で息子が睡眠中の時、今のうちに食べよう!と入ったステーキハウス。ステーキが運ばれてきた瞬間にお目覚め。鼻が利きます。。
南国ならではの100%マンゴージュースは息子とってもお気に入り。

Dsc_0111Dsc_0105Dsc_0584Dsc_0109_2Dsc_0585Dsc_0242Dsc_0258Dsc_0587Dsc_0641Dsc_0625

息子がいちばん興奮してたのは水族館、ウォーターアンダーワールド。100メートルの長いトンネル状の水族館。
サメや大型の魚からクマノミなどの小さな魚までいっぱい。
息子はガラスにへばりついて一生懸命見ていました。
小さいお魚さんが好きなようです。
ここは1回券で入ったんだけど、1週間のフリーパスも売っていて、あまりにも楽しそうな息子を見てしまうと、出た後にフリーパスを買わなかったことに後悔。。今も心残りだなー。

Dsc_0139Dsc_0123Dsc_0159Dsc_0132Dsc_0177Dsc_0168Dsc_0182

夕方のビーチをお散歩するのもすごくキレイだった。
水面に沈んでいく太陽やぽっかり浮かぶ月。
あいにく雲が漂っていて夕日が落ちるのは雲に隠れて見えなかったけど心に残る美しい情景。
息子も声をひそめてじーっと海を見つめてました。
きっと息子の心にも何か感じるものがあったはず。

Dsc_0338Dsc_0346Dsc_0369Dsc_0368Dsc_0365Dsc_0374

海やプール、街歩きなどいっぱいいっぱい楽しかったけど、
すごく印象に残ってるのはホテルのお部屋、ベッドの上かも。
息子はまだ歩けないのでハイハイで移動できるベッドの上が今回の定位置でした。
そんなわけで、ベッドから落ちないようにいつも私か夫が一緒にベッドで遊んでいたので、終始ごきげんでニコニコ。
開け放った窓から聞こえてくる海と風の音をBGMにベッドの上でごろごろ転がって、息子なりにくつろいでいたようです。
お部屋での食事にはレンタルしていたベビーカーをイスがわりに。
マクラーレンのvoloをレンタルしたんだけど、すごく乗り心地が好みなのか全くぐずらずに外でも気持ちよさそうで大助かり。やっぱり暑い中抱っこ紐だと親も子どもも汗だくで辛いからね。
宿泊したグアムリーフホテルはビーチにすぐ降りられるし、部屋からもロビーからも海が目の前に広がって良かったです。
あと、部屋内にウォーターサーバーがあったのも便利だった。グアムの水は硬水すぎて飲めないから。。
息子は旅行中に買ってもらったパンダのぬいぐるみをすっごく気に入って、気付くと『あっだ(ぱんだ)、あっだ』と言いながら可愛がっていた。このぬいぐるみはお店で自分で見つけて指さして欲しがったもの。グアムの思い出。

Dsc_0055Dsc_0040Dsc_0428Dsc_0013Dsc_0225Dsc_0431Dsc_0012Dsc_0087Dsc_0650

心配していた飛行機も、予想よりははるかに良い子でした。
行きも帰りも離陸、着陸とも起きてたけれど、怖がって泣くこともなく。
泣いたのは眠くなった時の寝グズリだけ。
これっていつものことだし、飛行機がイヤでってことはなかった。
ただ、機嫌を損ねないように一生懸命に相手をしてあげたりなどの、親の気苦労はかなりのものだけど。ヨーロッパに行くより遠く感じたくらい、いろいろ気を遣って時間の経過が遅く感じましたが。。
それでも、この飛行機の数時間(グアムで3時間半)をクリアするとこんなに楽しい数日が過ごせるのかと思うと、飛行機の大変さなんてちっぽけだな。
客室乗務員さんがコップとクッキーとストローで即席のおもちゃを作って息子にくれたり、まわりのお客さんが息子に話しかけてくれたりと、たくさんの方が息子の初フライトを助けてくれとてもありがたかった。

Dsc_0664Dsc_0667_2Dsc_0670Dsc_0671Dsc_0675Dsc_0685Dsc_0690Dsc_0691Dsc_0693

さて、日本。

息子はベッドだけじゃなく、部屋中をハイハイできるのでとっても楽しそうで、なんとなく立ちそうな足遣いを見せるようになりました。
あと、ちょっとのことでは動じない性格に拍車がかかり、よりどっしりしたように感じます。

この旅行で確実に成長したと思う。
私たち親も子連れ海外旅行をまずクリアしたことでちょっと度胸がついたかな。

グアムで夫がぽつり。
『頑張って毎年これるようにしないとな』だって!
この言葉、忘れませんよー。

でも、本当に楽しかった!
大変さはもちろんだけど、それ以上に楽しくて。行ってよかったー。

はじめての子連れ海外旅行で思ったこと。

子どもと一緒(しかも1歳なったばかりのベビー)だと制約や気苦労も確かに多い。だけど、楽しみも1人旅や夫婦旅行、友達との旅行と同じくらいかそれ以上と言ってもいいくらいたくさんでした。
子どものペースに合わせてだからこそ気付かされた旅の楽しさもあったし。
何より旅行中、本当にたくさん笑って声をだしてニコニコの息子を見たら、一緒に連れて来たことは間違いではないと確信しました。息子と一緒だからこそ楽しかったんです。もちろん、わが家の場合で、赤ちゃん連れ海外旅行に賛否両論あるのは承知ですが。。

これから息子はいくつの国を旅するのだろう。
そのうちのいくつの国に私たちも一緒に行けるのかな。
たくさん行っていろいろ一緒に感じたいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/16

帰省。帰ったら甘えん坊。

先週の木曜日から4日間、山梨に帰省してました。

今回は夫の会社の後輩(山梨出身)の結婚式への出席のため、
帰省もかねて出かけました。

4日間という短い中に、けっこうスケジュールを詰め込んで、

友達に会ったり、
実家の家族と本栖湖へ一泊旅行に行ったり、
従姉妹とその子どもたちに会ったり、
夫の会社の方たちに会ったり、
東京にいる私の妹の彼にはじめて会ったり、

なんやかんやとあっという間でした。

夜中の3時に京都を出発。
息子は途中まではいい感じで寝てくれたのだけど、
半分くらいのところで熟睡モードが切れてしまい、号泣(。>0<。)

仕方なくSAで夫の休息も兼ねて休憩して、
なんとか寝付かせようと思ったけど、ダメだった。
やっとこ私のお腹の上に乗せて背中トントンで眠りにつかせ、
山梨までなんとか到着。

約5時間半の移動時間でした。
夫の頑張りのおかげで割りと早い。

Dsc_0001

朝起きたら、普段見かけない人たちにめーいっぱい歓迎され戸惑う息子。
しばらくきょとん。

すぐに実家の親たちにも慣れてきて、
到着後1時間くらいで、私の母に息子を預けて外出できた。
ほんとに人見知りしない子なのでこういう時とても便利だなぁ、と思う。

夕方から本栖湖へ出かけ、ヴィラ本栖へ一泊。

Dsc_0023 Dsc_0017

Dsc_0035 Dsc_0048

みんなに可愛がられてご機嫌さんの息子は、
今までどんなに私が呼びかけてもしてくれなかった『パチパチ』も、
笑顔でばあばと大ばあばに披露。

これには私も夫もびっくり。
実は出来ていたんかな?

ご飯もひとくちひとくち食べるごとに『おりこうだね~』と言ってもらえるために、調子にのって、ほめられるたびにパチパチしていました。

『おりこう』、『じょうず』の2ワードが聞こえると、パチパチするように!

美味しい料理、温泉、ぱりっとしたシーツの布団、、、
ほのぼの癒しの一泊旅行でした。

Dsc_0092

友達の家に遊びにいって子どもを遊ばせる。

この2人、2ヶ月半しか違わないのに、キッズとベビーほどの違いに見える。。
ふうさんまだ歩かないし、髪の毛も薄いからね~。
早く追いつけよー。

帰省のたびにお邪魔させてもらってありがとねーMちゃん。

Dsc_0158

そして、従姉妹とそのこどもたち。
超にぎやか!3歳、1歳5ヶ月、1歳、10ヶ月のちびっこ大集合。

Dsc_0145

Dsc_0148

いまどきの家には、こんな長い廊下もないからね。追いかけっこしまくり。

うちの息子はたまに交ざったりもするけど、
かなりのマイペースなもんで、1人で何やら遊んでました。
でもお友達いっぱいで楽しそうだったな。

Dsc_0196   

そしてうちの妹。

Dsc_0202

妹の彼のゆうすけくん。
若い男の人はどちらかというと苦手な息子は慣れるのに時間かかったけど最後にはぜんぜん平気になって、いっぱい遊んでもらった。

そして妹からのプレゼント。水着。

Dsc_0207

リクエストしていて、1歳のバースデープレゼントとして買ってくれた。
ありがとう。

4月に行く予定のグアムの前に、ベビースイミングで水着デビューすることになりそうです。

Dsc_0221   

山梨で終始おりこうだった息子。
よく笑ってよくしゃべって。
たくさんの刺激を受けてハイハイも速くなったし、おしゃべりも増えた。
楽しい帰省でした。

そして京都に戻り・・・
超甘えん坊になりました( ̄○ ̄;)!

実家ではみんなが可愛がってくれて1人になることもなく、
たっぷり遊んでもらって相当嬉しく楽しい時間を過ごしたんでしょう。

京都では基本、夫の帰宅まで私と2人なので、
1人で遊んでもらわなければいけないことも当然あるわけで・・・
今まではなんともなく1人遊びが上手だったのに、ダメみたいです。

すぐにヒ~ンって泣きべそかいて追いかけてくる。
やー困ったな。いろいろ進まない。
そのうち慣れるだろうけど。

Dsc_0116

あと、人の表情を読むことがさらに出来るようになりました。
『ダメっ』って怒ったりするとすぐ泣きまねしたり、
逆ギレのように私を叩いたりするような素振りを見せたりします。。

こりゃーおもしろい。

危険なことしたら怒って教えてあげないといけない。
今までは怒っても何となくしかわかってなかったのが、
ちゃんと怒られてる状況を理解してきてる。

泣いてるの見ると笑っちゃうね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010/01/26

鳥取・三朝温泉と米子の友達

蟹を食べに。温泉につかりに。お友達に会いに。
鳥取を旅してきました(*^-^)

子連れドライブで約4時間ちょっと。意外に遠い気がしたけれど、とってもゆっくりできた良い旅でした。

泊まったのは、三朝温泉『斉木別館』。

Dscf8840

広いお部屋で、窓から眺める森風景も良いかんじ。

Dscf8835

息子は車での長旅に飽き飽きしていたため、お部屋に入り畳に放たれるとニコニコで猛ダッシュw(゚o゚)w飾ってあった置物やポット、お花など、いろんなものを速攻で非難させました。

Dscf8846_2 Dscf8850_2

Dscf8859_2

温泉にさっと入り、息子にご飯を食べさせて、さんざん遊ばせたあと、睡魔に襲われた息子をおんぶ。
息子が夢の中へと入ったあと、私たちはおまちかねの蟹(*´ェ`*)

茹・生・焼・鍋・雑炊・・・と蟹フルコース。

Dscf8869

息子が起きないかヒヤヒヤしつつ少々焦り気味ではあったけど美味しくいただいて大満足です。

Dscf8894

夜は貸切露天。夜の露天風呂の暗さと、雰囲気が怖かったのか全く言葉を発せず緊張気味の息子と、ひたすら写真をとりまくるバカ親の母。でもいい思い出。

01

Dscf8910

夫と息子が寝ている早朝にまた温泉入っておきました。夜泣きに付き合って疲れた身体に温泉はとっても気持ちいい。

朝ごはんの時間になっても起きない2人。

Dscf8920_2

Dscf8919

布団をはいで起こしてやりました( ´艸`)

そして、とてものんびりできた旅館をあとに、米子へ。

お友達ご夫婦のところに遊びにいきました。うろ覚えだけど5年ぶりくらい?の再会。

04

03

お爺さんの使っていたおうちを移築してリフォームしたというお家はカフェみたいに居心地良くて、コーヒー豆屋さんを営むご主人がいれてくれたコーヒーがすごく美味しくて、いい香りで。なんだかとっても癒されたー。久しぶりとは思えないくらい自然で、そして楽しかった!

02

↑ゲームとか持ってるのがおもろい(笑)ボタン大好きだから興味津々。

06_2 05

最初は人見知り気味で大人しかった息子も、途中から慣れてきて、抱っこしてもらったり、お話してもらったり、とても可愛がってもらった。

山陰地方のお土産や、コーヒー豆までいただいて、名残惜しみながら京都へ。

Dscf8944

車の中↑。息子さんの大嫌いなチャイルドシート。真っ赤でかわいいのに、座っててくれるのなんて1時間もないよ(;´д`)すぐ泣く。車が嫌いで本当に困ってます。

Dscf8936

車窓から見た大山。富士山みたいでなつかしかった。
蒜山もキレイに見えた。蒜山は八ヶ岳みたいで、これまたなつかしかったな。

蟹と温泉を満喫し、友達にも会えてたっぷり元気を充電してきました(o・ω・)ノ))

めったに会えないけど、それぞれの土地でみんな頑張ってて、たまに会えるのが本当に楽しみで。。私たち夫婦はこういう友達付き合いが多くて、幸せなことだなぁと思った。

さて、息子はこの旅行中、23日に10ヶ月を迎えました!10ヶ月の記録はまた書きます~。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/11/26

尾道・倉敷旅行 8ヶ月を迎えて…etc

3連休の後半2日間で、尾道と倉敷のお友達に会いに行ってきました。尾道にはお友達のケンヂも一緒に。3ヵ月半ぶりに再会したお友達とそのBABY。

Dscf7184

Dscf7192

2人とも大きくなった。髪の少なさとか後ろ姿とか、なんか似ている2人。。そして、おそろいのジェラートピケのポンチョ(上の写真)をケンヂが買ってくれました☆肌触り最高でかわいい!

尾道では友達のおうちでず~っとおしゃべり&尾道ラーメンを食べて、倉敷に向かいました。

Dscf7210

倉敷では老舗の倉敷国際ホテルに宿泊。クラシカルモダンなホテルで素敵でした。でも、シングルベットが2つのツインのお部屋では、ふうさんはハイハイするスペースがベットの上しかなくてかわいそうだった。。ハイハイするようになった今、やっぱり和室じゃないとダメかも。

Dscf7232

倉敷に住むお友達(元会社の同僚)と再会して、倉敷散策。超いいお天気で最高!だったんだけど、夫が旅行前日に一緒にゴルフに行ってた友達がインフルエンザを発症したとの連絡が入り、「もしや夫も感染してる?潜伏期??」とヒヤヒヤしながらの散策となってしまった。

大人はいいけど、ふうさんはインフルエンザにかかってもまだタミフルも飲めないし、苦しむのを見てるしかできないからインフルエンザからは守ってあげないと!との思いで夫には丸2日間マスク着用してもらいました。幸い夫は発症せず。よかったよかった(;´▽`A``

Dscf7223

Dscf7228_2

離乳食にはじめてのうどん、そして初めての「とりわけ」。ばくばく食べてました。

そして、この旅行中にふうさん8ヶ月になりました!!

Dscf7248

つかまり立ちとつたい歩きが大好きな時期です。

Dscf7250

つかまって立って、自分で降りられるようになったので、だいぶ転ぶことはなくなりました。かなり安定してきて、若干安心して見てられます。タンコブ作ることも少なくなった( ´,_ゝ`)

Dscf7171_2

ブーツを買いました。まだ歩かないけど防寒用に。ベビーカー乗ってると靴下だけでは寒々しくて。。小さいけど一丁前にカワイイです。

Dscf7178

おむつの帽子。パパのいたずらです。

Dscf7233

↑この黒い帽子、りょうこさん(写真:夫の会社の上司の奥様)が編んでくれました。ありがとうございます!

Dscf7237

この日は、りょうこさんと、私の前の職場flowingKARASUMAでお茶をしました。知り合いのスタッフさんや会社の方々などたくさんの方に会うことができて楽しかった。

息子はみんなに抱っこしてもらったり話しかけてもらったりして疲れたのか、お店を出ようとベビーカーに乗せた瞬間に眠り、電車でもず~っと寝ていました。

Dscf7246

↑電車の中。 家に帰ってもそのまま玄関で1時間ほど熟睡。。

7ヶ月半ばくらいから、息子の「人見知り」と呼べるものがはじまったようです。でも、初めての人を見ても泣くことはなくて、ジ~っと凝視して確認するという感じ。笑顔が出るまでに少し時間はかかるけど、泣かないので私としてはありがたいです。

まだ、誰に抱っこされても嫌がらないし、「ママ~っ」て感じに私のところに来たがることもあまりナシ。眠い時くらい。。

知らない人に抱かれている時に、「ママ~っ」って手を伸ばしてくる赤ちゃん特有の様子、ママにしたらちょっとした優越感だよね?早く体験したいな~っとちょっと楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/11

岐阜旅行と山梨帰省

10月末の週末に1泊2日で岐阜へ遊びにいきました。

目的は土岐プレミアムアウトレット。

そして岐阜からそのまま山梨の実家へ行き2泊するという行程です。

さらに今回の旅行は山梨の私の両親と祖母、そして従姉妹とその子ども、東京在住の私の妹と現地で(岐阜)集合、総勢9名での賑やか旅行。

002 011

ふうさん&ふあり

2人は両親と祖母に預けて若者(?)は買い物。コンパクトなアウトレットなので買い物はし易かった。

034

↑なんか保育園みたいな写真ですが、、旅館での夕食の時、ありがたいことに子供用のイスを用意してくれていたので、おもちゃを与えて割りとゆっくりご飯は堪能できました。

泊まった中津川温泉は泉質がすごくよくて、ちょっとぬるっとしてるんだけど、肌がとっても潤う。私大好きなかんじでしたー。

相変わらず夜泣きがひどい息子と夜な夜な格闘した末に、朝方5時頃にも温泉浸かり、疲れもけっこう解消(◎´∀`)ノ夫は夕飯の時に飲みすぎて戦力外、、まったく夜泣きに付き合ってくれず1人で頑張った夜でしたね。。

2日目は、かつて中山道の宿場町として栄えた馬籠宿を散策。

097

階段と坂道の小道の脇には地元の野菜や木の雑貨が並ぶ小さなお店がたくさん。

Dscf6968

木のカトラリーと駒を買いました。木のカトラリーは少しずつ集めている私の趣味。そして駒は息子に。

ソフトクリームにわらび餅ときなこがたっぷり入ったスイーツなんかも食べて、意外に楽しめた「馬籠宿」。おすすめですー。

122

111

帰りの恵那峡サービスエリアにて。

1人ベンチでひとやすみするふうさん。コレ、親から見ると、素朴でとっても息子らしい写真なんです。

山梨の実家に戻る道中、私と夫と息子だけは途中で富士山麓、富士五湖のひとつ山中湖へ向かいました。

「紅葉祭り」に行きたくて。

161

紅葉がすごくキレイ。富士山をバックに山中湖があって、周囲をもみじが囲んでいるのです。さらにもみじをライトアップしていて、とっても寒く、さらに小雨まで降っていたんだけど、行ってよかった。

168

↑見えるかな?2人のうしろにネオンのオブジェが。これ、知り合いのネオンアーティスト安彦さんの作品です。

この山中湖では11月末から年末年始までイルミネーションのイベントもやってるみたい。こんなに色々してるなんて知らなかった。頑張ってるじゃんー山梨。

007 028

037

↑これらは白州の名水の里公園にて。

短い山梨帰省だったけど、自然とたっぷり触れ合ってきました。

そしていつも山梨で会う昔からの親友とその子どもとももちろん遊んだ。もう歩いてるし!9ヶ月なのに歩きだしたそうです。ヨチヨチ歩く姿が可愛かった。早くふうさんの歩くとこ見たいなー。

055

さてさて・・・

昔は都会に憧れて、出たくて出たくてたまらなかった故郷。

今になって思うのは自然に包まれた山梨で育ててもらえて良かったということ。今住んでいる京都はそんなに都会じゃないけれど、山梨に比べたら都会。百貨店もあるし交通も便利だし、何の不自由もないけれど、時々物足りなくなるよ。

きっとこんな自然の中で育ったから、私の五感は自然の中でこそ緩んで伸び伸び元気になるんじゃないかな。都会に憧れながら決して便利とはいえないところで工夫しながら過ごした生活は、大抵のことは「どうにかなる!」って思える私を育ててくれたもんです。

うちもこれから家とか建てるだろうけど、田舎もありかもしれない。息子には自然の中で自由に育って欲しいなぁ。

だって、大きくなったら都会に住むことなんて簡単だもん。きっと息子も成長したら自分の行きたいといころに行くだろう。

でも小さい頃の環境は息子には選べないもんね。

な~んてことを感じた帰省でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/09/25

シルバーウィーク・伊勢志摩旅行

伊勢神宮と、伊勢うどんが大好きな私。ふうさんが生まれてからゆっくりゴハン食べることもできていないし、、海の幸が食べたーい。温泉入りたーい。ってことで、伊勢志摩に1泊旅行に行ってきました。

Dscf6031

Dscf6038

夫婦岩です。

Dscf6044

混みまくりで下からお祈りすることしかできなかった伊勢神宮。

Dscf6047

ふうさんを押さえつけながらいただいた伊勢うどん。美味!満足!

Dscf5917

Dscf5912

Dscf5898

Dscf5901_2

建物と景観がとてもきれいだった海の博物館。

子連れなので、観光したのはほんの数箇所。伊勢神宮の人の多さにはショックでだいぶ疲れたけど、他はゆっくりのんびりできて楽しかった。

旅館は千鳥ヶ浜海水浴場に面していたので、ビーチに出て水遊び。ふうさんはじめての海遊び体験。砂の感触、波の音、水のひんやり感、すべてに驚きの様子で面白かった。

Dscf5947

Dscf5946

楽しみにしていた夕食。ふうさんを寝かしつけることに成功!!

Dscf5961

海産物をこれでもか!というほど食べて大満足!食べ過ぎてお腹こわしたけど。。仲居さんも気さくでとても良い人で、ふうさんを起こさないようにそ~っと部屋を出入りしてくれて助かった。

Dscf5968

広い畳とお布団で気兼ねなく遊べて楽しそうでした。

Dscf5977

夜もグズらずに家と同じ感じで眠ってくれたふうさん。お利口だったね。

Dscf6015

AM5:38 太平洋から昇る朝陽。ちょうど5:20頃におっぱいで起きたふうさんのおかげで見ることができた。感謝。

子連れ旅行は2度目だけど、前はホテル宿泊で夕飯もなしの素泊まりだったからハードル低かったけど、今回はじめてちゃんとした旅行を3人でしてみて、意外と楽しめるもんだね~と味をしめた私たち夫婦。次はどこへ行こうかな~。たまの息抜き旅行を楽しみに毎日頑張ろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00.生後0ヶ月の出来事 01.生後1ヶ月の出来事 02.生後2ヶ月の出来事 03.生後3ヶ月の出来事 04.生後4ヶ月の出来事 05.生後5ヶ月の出来事 06.生後6ヶ月の出来事 07.生後7ヶ月の出来事 08.生後8ヶ月の出来事 09.生後9ヶ月の出来事 10.生後10ヶ月の出来事 11.生後11ヶ月の出来事 12.1歳0ヶ月の出来事 13.1歳1ヶ月の出来事 14.1歳2ヶ月の出来事 15.1歳3ヶ月の出来事 16.1歳4ヶ月の出来事 17.1歳5ヶ月の出来事 18.1歳6ヶ月の出来事 19.1歳7ヶ月の出来事 20.1歳8ヶ月の出来事 21.1歳9ヶ月の出来事 22.1歳10ヶ月の出来事 23.1歳11ヶ月の出来事 24.2歳0ヶ月の出来事 25.息子2歳0ヶ月・娘0ヶ月の出来事 26.息子2歳1ヶ月・娘0ヶ月の出来事 27.息子2歳1ヶ月・娘1ヶ月の出来事 28.息子2歳2ヶ月・娘1ヶ月の出来事 29.息子2歳2ヶ月・娘2ヶ月の出来事 30.息子2歳3ヶ月・娘2ヶ月の出来事 31.息子2歳3ヶ月・娘3ヶ月の出来事 33.息子2歳4ヶ月・娘4ヶ月の出来事 34.息子2歳5ヶ月.娘5ヶ月の出来事 35.息子2歳6ヶ月.娘5ヶ月の出来事 36.息子2歳6ヶ月・娘6ヶ月の出来事 37.息子2歳7ヶ月・娘6ヶ月の出来事 38.息子2歳7ヶ月・娘7ヶ月の出来事 39.息子2歳8ヶ月・娘7ヶ月の出来事 40.息子2歳8ヶ月・娘8ヶ月の出来事 41.息子2歳9ヶ月・娘8ヶ月の出来事 42.息子2歳9ヶ月・娘9ヶ月の出来事 43.息子2歳10ヶ月・娘9ヶ月の出来事 44.息子2歳11ヶ月、娘10ヶ月の出来事 45.March.2012 46.April2012 47.May.2012 48.june.2012 49.june2012 50.Aug,2012 51.sep.2012 52.Oct.2012 53.Nov.2012 54.DEC.2012 55.JAN.2013 56.FEB.2013 57.MARCH.2013 58.April.2013 59.May.2013 60.JUNE.2013 61.July.2013 62.Aug.2013 63.Sep.2013 64.Oct.2013 65.NOV2013 66.Dec.2013 67.Jan.2014 68.Feb.2014 69.Mar.2014 70.Apr.2014 お出かけ お気に入り お気に入りベビーグッズ つぶやきetc 家づくり 山梨への帰省 成長行事・イベント 旅行 2人目マタニティ